効能抜群のブルーベリーを積極的に摂取しよう。

専門サイトを利用してサプリメントを購入しよう

腸内環境を整える

砂糖の代わりとして食べ物や飲み物に用いられているのが、オリゴ糖です。
オリゴ糖は、砂糖などの甘いものには含まれていない、身体に良い成分が豊富に含まれています。
単糖とも言われており、構造上分解されない単位のことを表しています。
オリゴ糖に含まれる成分には、腸内環境を整えるビフィズス菌が多く含まれています。
人の腸には300種類の菌が存在していると言われていますが、この菌は有益菌と有害菌に分けられています。
ビフィズス菌やアシドフィルス菌は人がもともと持っている有益菌で、腸に良い働きをしています。
オリゴ糖には、このビフィズス菌が豊富に含まれているため、便秘や下痢などを起こしている腸内環境を整える働きを促します。
有益菌を増殖させるため、甘さを楽しみながら健康も得ているのです。

オリゴ糖は、力を弱めることなく腸まで届けることができます。
身体に良いと言われる成分は、消化される際に消化液で死滅してしまうことが多いですが、オリゴ糖はそのまま腸まで働きが届きます。
そのため、腸に良い働きがあると言われるビフィズス菌を有効的に増殖させることができ、腸内環境が整います。
便秘や下痢を起こしにくく、快便をサポートしています。
オリゴ糖には、ラフィノースやガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖などといった種類があり、それぞれに甘みや作る工程が異なります。
購入の際、どういったオリゴ糖が使われ、どういった働きがあるのかを確認した上で購入していきましょう。